So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

流星ワゴン 原作 ネタバレ 結末 [流星ワゴン 原作 ネタバレ 結末]

重松清さん原作のドラマ、
「流星ワゴン」が1月18日から始まるよ。

今までハードボイルド系で共演してきた西島秀俊さんと香川照之さんが親子っていうのが斬新!!
って思ってたんだけど、現実世界ではあり得ない設定だからそれも納得。

ryusei.png
西島さんの妻役に井川遥さん。
良妻賢母っぽいんだけど、実は夫も知らないところで男関係がスゴイことになってるのだ。
そして、幽霊役の橋本親子。
パパが吉岡秀隆さんで子供が高木星来クン。
実は、この子役の星来クン、原作にピッタリはまりすぎ。
小生意気なんだけど、もう泣けるくらいかわいいのだ。



原作あらすじ

その夜、永田一雄はもう死んでもいいと思っていた。

ryusei2.png
仕事はリストラされ、妻からは離婚を切り出された。
さらに、中学受験に失敗した息子は家庭内暴力で引きこもり。
そして、昔気質で子供の頃から大嫌いだった父が末期がんで死を待つばかりなのだ。

ryusei4.png
父がくれるお車代が欲しいがために、父の見舞いに帰郷しているようなものだった。


もう、死んだっていいや。
そう思ってベンチに座っていた一雄の前にワインレッドのオデッセイが止まった。

ryusei3.png
助手席の窓が開いて、男の子がにこにこ笑いながら言う。
「遅かったね」「早く乗ってよ。ずっと待ってたんだから」


実はこの橋本さん親子、5年前に自動車事故で亡くなっているのだ。
車の免許をとってすぐのドライブで父親が事故を起こした。
一雄は5年前の新聞にそんな事故の記事があったのをかすかに思いだす。
橋本さんの父は、まだ幼い息子、健太を自分の不注意で死なせてしまったことを悔やみ続け、
成仏できないでいるのだった。


そんな橋本さん親子には、死にたがっている一雄の事情がすべてわかるようだ。
そして、橋本さん親子は一雄を人生の大切な過去の分岐点まで乗せていくのだ。


そう、
この車は人の後悔を乗せて走る車なのだ。


夜が明けると一雄は新宿の交差点にいた。
妻の美代子が知らない男と一緒に歩いているのだ。
そういえば、1年前同じ光景を見たのだけど、一雄は知らないふりをした。


今回も声をかけられずにいると、そこに現れたのが一雄の父親だったのだ。
しかも、年は自分と同じ37,8歳の父が。
父は、「朋輩」だと言い、ここでは父と子ではなく五分と五分の付き合いだと言う。
一雄のことは「カズ」、自分のことは「チュウさん」と呼べと言うのだ。


一雄は、こんな風に橋本さん親子の車で何度か過去の大切な分岐点まで戻されることになるのだ。
そして、そこには必ず朋輩のチュウさんが存在し、
ryusei5.png
妻の美代子がテレクラで複数の男と関係していることを知り、
自分の息子、広樹が中学受験でどれほど追いつめられて壊れているのかを知るのだ。
でも、本当は現実の一雄も気づいていたのだ。
ただ、そのたびに現実を直視せずなんとなく逃げてきたために
今こうして家庭が崩壊してしまったのだった。


一雄は、自分の父親のことが大嫌いだった。
数々の事業を成功させてきた父だったのだが、
昔気質で頑固で自分勝手な父親が。
でも、八方ふさがりの今、父親なら一体どうやって切り抜けただろうか?
本当は知りたかったのだ。
一方父は父で、いよいよ死を前にして息子に会って色んな話しをして仲直りしたかった。
ふたりとも後悔して後悔して体と心が離れ離れになってしまい、
橋本さん親子の車に乗ることになったのだ。


チュウさんは、一雄の家庭の事情にいちいち口をはさんでくる。
昔と全然変わらない破天荒で強気な父だ。
でも、こうやって同い年のチュウさんに出会った一雄は、
子どもの時にはわからなかったチュウさんの強がりや子供への愛情を
今はっきりと感じ取ることができるのだ。
そして、過去の分岐点に戻るたびにその時できる限りのことをするのだ。
だからと言って、現実を変えることはできないのだけれど。


一方、幽霊の橋本さん親子にも葛藤があるのだ。
橋本さんは自分のどんくさい不注意から健太まで死なせてしまったことをものすごく後悔している。
実は、健太は妻の連れ子で橋本さんとは血がつながっていないのだ。
生きてる時は、健太は全然なつかなかった。
でも、健太が成仏しない限り、生き残った自分の母親は見えないのだそうだ。
だから、どうしても健太に成仏させようとするのだけど、
成仏するとパパとは離れ離れになってしまうのだ。
最初は渋っていたのだけど、やっとその説得を受け入れた健太。
そして、ふたりのお別れがやってきた。


・・と思ったら健太が戻ってくるのだ。
やっぱり自分がいないと不器用なパパの運転が危険だから・・って。
健太は成仏せずにパパと幽霊として生きることを選択したのだ。
幽霊なのに、この父子にも泣かされてしまう場面だ。


そして、いよいよチュウさんの死が目前に迫った頃、
橋本さんが一雄に聞くのだ。
「どっちがいいですか。このまま死ぬのと、生きて戻るのと」
それを聞いたチュウさんは、自分より先に息子を死なせないでくれと、
涙ながらに橋本さんに頼みこむのだ。


でも、一雄の気持ちは決まっていた。
サイテーのサイアクのどうしようもない現実でも生きて戻ろうと決心していたのだ。


そして、橋本さんともチュウさんともお別れした一雄は、
あのサイテーな何も変わらない甘くない現実に戻った。
でも、以前と違うのはどこかすがすがしい気持ちでいっぱいなのだ。
今までたじろいでいた息子にも妻にも向き合えた。
この家庭はまだ完全には終わってはいない、と確信を持って。

アマゾンはこちら →→ 流星ワゴン (講談社文庫)


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

Copyright © ひつじまみれ All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。