So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

Nのために 最終回 ネタバレ あらすじ [Nのために 最終回 ネタバレ あらすじ]

Nのためにがいよいよ最終回。
前回の成瀬くんほんとによかったよね。
島に帰る成瀬くんが「一緒におらん?」っていうセリフ。
これ以上でも以下でもない。
ほんとの純愛だよね。

次回でついに事件の真相が明らかになるね。
あれほど用意周到に計画されたN作戦Ⅱだったんだけど、
思いもかけず誤算の連続で思わぬ結末を迎えることになるのだ。


誤算1
西崎はその日花屋を装って野口家を訪れ奈央子を連れ出すことになっていた。
ところがその日はクリスマスイヴ。
花屋は予想外の混みようで予定の時刻をかなり過ぎてマンションに到着してしまうのだ。


誤算2
西崎とは逆に安藤は予定より早くに着いてしまった。
野口からは上のラウンジで待っているように指示されるのだが、
偶然西崎とマンションの1階で出くわして一緒にエレベーターに乗り合わせる。
西崎は希美の「罪の共有」相手の成瀬と会えると安藤に話すのだ。
3人でなにかを企んでいる、と思った安藤はひとり疎外感を感じずにはいられなかった。
そこで、一旦最上階まで行くのだが、エレベーターを降りずに野口の部屋に向かう。
一度インターフォンに手を伸ばす安藤なのだが、
押さずに代わりにチェーンをかけてしまった
その後、もう一度最上階のラウンジに向かう安藤だった。


誤算3
希美は、安藤と将棋対決をする野口に頼まれ軽い気持ちでブレーンになったのだ。
N作戦Ⅱ当日は野口宅に早めに行って奥の部屋で将棋を教えていた。
ところが、西崎は予定の時刻を過ぎてもやってこない。
時間をいっぱいいっぱい引き延ばす希美だったが、
もうこれ以上は引き延ばせないというところで勝てる手を野口に教えるのだ。
ところが、そこで野口から将棋対決の真相を知らされる。
つまり、安藤が負ければ会社の人事で安藤を僻地に飛ばすというのだ。
安藤は上昇志向の強い人間だ。
今回N作戦Ⅱを安藤に知らせなかったのも
野口と同じ会社の安藤に余計な心配をかけて立場を悪くさせたくなかったからだ。
なのに、今、自分は野口に有利な手を教え安藤の立場をおとしめるような手伝いをしてしまった。
そんなこと絶対あってはならないことなのに。
そこで、希美はこのN作戦Ⅱのことを敢えて野口に知らせたのだ。
もうすぐ奈央子の不倫相手がやってきて奈央子を連れ出そうとしている、と。
まさかこんなことになるなんて思わなかったから。
西崎さんが数発殴られて傷害罪で訴えればそれでいい、くらいに思っていた希美だった。


誤算3
希美から話を聞いた野口は激怒して奥の部屋から出てきて西崎めがけて殴りかかる。
西崎は玄関のドアを開けて外に逃げようとした。
ところが、なぜか外からチェーンがかかっているのだ。
西崎はキッチンの包丁を手に取った。
ところが、野口に包丁を奪われてしまう。
もうダメだ!
と思った時、
奈央子がシルバーの燭台を持って野口の後頭部を殴りつけた。
その後、奈央子が野口から包丁を取り上げ自分の脇腹を刺したのだ。


誤算4
原作では、奈央子は最後まで野口と希美の仲を疑って、
西崎が助けに来た時も自分を連れ出すんじゃなく希美を連れて帰ってほしい、と言うのだ。
奥の部屋で夫が希美とふたりっきりで仲良くしている。
そんな夫を希美にとられたくなかったのだ。
暴力をふるわれているにもかかわらず歪んだ愛情にとらわれる奈央子。
希美に夫を取られるくらいなら夫を殺して自分も死ぬ。
そうすれば永遠に夫は自分のものなのだから。


西崎は、罪をかぶると希美に言う。
野口が奈央子を刺したため、自分が野口を燭台で殴ったことにしてほしいと。
自分はかつて虐待を受けた母親を見殺しにしている。
その罪を今ここで償って解放されたいんだ・・と。
その後、成瀬くんが到着し、玄関のチェーンが外された。


というのが原作に基づく結末なのだけど、
ドラマではどう描かれるのか?


思えば、希美のNはその時その時で違ってたのかもだね。
成瀬くんも安藤も希美にとってはその時がそれぞれ真剣だった。
希美の病気は、原作ではあっさりと触れられただけだったけど、
ドラマではもう少し踏み込んだ形になってるから、
そのあたりも見逃したくない点だよね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © ひつじまみれ All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。